キックボクサーハチマキのブログ

人生迷走中のキックボクサーの徒然。就活中の大学生みたいなこと書いてます。就活したことないけど。

【読書】古舘春一『ハイキュー!! (2)』を読んだ話

皆様お疲れ様です、ハチマキです。

 

今回は


f:id:hachimaki0619:20170819003610j:image

古舘春一ハイキュー!! (2)』を読んで。最近ちょこっと漫喫に行くことが増えました。

 

以下Amazonから引用

 

部内対抗の3対3に挑む日向と影山! 月島の高さを破るため、速攻での連係攻撃に勝機を探る。日向の能力を最大限に活かすべく、最高のタイミングでトスを上げる影山。二人の力が重なる時、名コンビが誕生する!!

 

部内対抗戦あり、練習試合ありで盛り上がってきました。

 

僕はバレーボールは体育でちょろっとやったりテレビでチラチラ見たことがあるぐらいなんですが、ポジションの解説などもあってありがたい。

 

高校入ってはじめての練習試合で試合経験に乏しい日向はガチガチに緊張。

 

ありがちなパターンではありますが、僕ももともと緊張しぃなのでものすごーく良くわかります。

 

キックボクシングのアマチュアの試合に初めて出たとき(2006年)は練習を見ている周りからは余裕だと言われていましたが、なぜか自分では

 

「俺が勝てるはずない」

 

と思い込んでました(実際負けた)

 

その後もガチガチグセはなかなか治らず

 

マチュア4戦目では自信をつけようと練習まくり

 

結果的に試合当日直前に思ったのは

 

「こんだけやって負けたら、俺クズじゃん」

 

ということで、脚がガクガクし涙が出てきました(試合は勝った。動きは良くない。)

 

その後メンタルトレーニングの本を読んでみたりして試合を重ねるも、やっぱり何か上手く良い精神状態を作れず

 

2013年の初めてのタイトルマッチぐらいから徐々に気持ちの持って行き方が掴めてきた気がします。

 

そしてメンタルトレーニングの本を読んで、普段からなるべくポジティブな考えをするように心がけて、以前より日々の生活が楽になったように感じられ、そこはとても良かったなと思います。

 

良くいうことですがメンタルもフィジカルと同じように積み重ねて鍛えていくもので、サボってしまえばまた下がってしまうものだというのは本当にそうだと思います。

 

最初は「無理やりポジティブに考える」って言われても…って思ってて

 

例えば人間関係でムカつくことがあったときの当時どうポジティブに持っていくか考えたかというと

 

「大丈夫大丈夫…アイツ三日後◯ぬ…!きっと◯ぬ…!」

 

って感じでした。◯には好きな文字を当てはめていただければと思います。

 

今思うとポジティブでも何でもないんですけど、当時の僕にはそれで精一杯でした。

 

そんなところから始めても徐々に前向きになってこれたのでやはり積み重ねが大事だと思います。

 

こんな感じで、自分のブログなので読書の感想なども自分を重ねて書いていけたらと思います。

 

以上です!

 

終わり

結良まり2ndワンマンライブ『ゆらぐ夏』@北参道ストロボカフェ に行ってきた話

皆様お疲れ様です、ハチマキです。 

 

昨日は


f:id:hachimaki0619:20170817101912j:image

北参道ストロボカフェで行われたシンガーソングライターの結良まりさんの2ndワンマンライブに行って来ました。

 

結良まりさんとは

f:id:hachimaki0619:20170817104851j:image

経歴はコチラ。 

peak-a-soul-website

こちらのサイトのスクショです

 

Sound Horizonの『Nein』に参加されていた結良まりさん。

 

自分はサンホラはRevoさんと誕生日が同じってことぐらいしか知らず詳しくないんですが、サンホラファン兼梶浦さんファンの友人に結良まりさんをお勧めされ

 

 

Dream Port(DVD付)

Dream Port(DVD付)

 

 昔そのコラボがあったり

 

 

そんなわけでまずCD音源を聴いてみたらすごく綺麗な歌声で、曲も歌ものなんですけど、どこか古き良きRPGのBGMのような、風景が見えるような雰囲気を感じて良いなあと思いました。

 

試聴動画もあります。

 

さらに結良まりさん自身もKalafinaのファンらしく

 

ライブ前日にもKalafinaの新曲『百火撩乱』の宣伝をしていました。どこか同じにおいが…こんなの応援するしかないじゃん…。

 

というわけで昨日!行って来ました。北参道ストロボカフェ。

北参道ストロボカフェ

 


f:id:hachimaki0619:20170817112821j:image

雨の中開場時間まで並ぶ。

 

地下に入るとスゴくオシャレな隠れ家的な雰囲気。

 


f:id:hachimaki0619:20170817113115j:image

会場の写真撮って良いかわからなかったのでとりあえずトイレの写真撮りました。トイレもオシャレ。

 

センターにピアノが置いてあって、席がぐるりと周りを囲んでる感じでした。

 

生で聴く歌声は音源以上に透き通るように綺麗で(抽象的なことしか書けずすまぬ)

 

MCでのかわいらしいお人柄からちょいちょい自虐っぽく話しちゃったり卑屈さが垣間見えるところが勝手に共感してしまってまた良かったです。

 

最後アンコールでのMCが自分にもグサグサ来る内容で涙ぐんでしまいました。泣いてないけど。

 

ゲストに来られていた花れんさんも心を直接掴んでガシガシ動かすような優しく力強い歌声で鳥肌でした。

 

シンガーソングライター 花れん オフィシャルウェブサイト

花れんさんのホームページはコチラ

 

その後Twitterで判明したんですが、花れんさんは以前自分がキックボクシングを教えていたこともあるピアニストの広田さんともお知り合いらしい。色んなとこで繋がってるものなんですね。テンション上がった~。

広田圭美のプロフィール|Ameba (アメーバ)

広田さんのプロフィールはコチラ

 

そして結良まりさんと花れんさんが来月ツーマンライブをやるらしい。

 

 


f:id:hachimaki0619:20170817132924j:image

チケット即購入余裕でした。楽しみ。皆さん、行きましょう。

 


f:id:hachimaki0619:20170817133008j:image

結良まりさんのCDも買ってサインもいただけました。写真撮って良いと言ってもらえたのでお店で写真。良い会場だったのでまた何かのときに行きたい。

 

そんな感じで。

 

以上です!

 

終わり 

 

効いてるのか効いてないのか問題

皆様お疲れ様です、ハチマキです。

 

昨日ボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチで山中慎介選手が日本記録に並ぶ13度目の防衛に失敗してしまいましたね。

 

その試合でトレーナーがストップに入るタイミングが早かった、と陣営で意思の疎通ができてなかったというような記事がTwitterで流れてきました。

 

山中選手本人も「効いてなかった」と試合後に語っていたということでした。

 

それに関して

 

 

このようなツイートをしたらかなり拡散されました。

 

試合したときは本当に軽く当たって倒れたぐらいに思ってたんですけど、映像観ると完全に吹っ飛んで、身体を起こそうとしてるけど言うことをきかない、みたいな状態でしたね。

 

そのド派手な倒れっぷりからか、当時RISEのホームページに動画が載せられ続けていました。知名度アップ。

 

当時の記事をネットで探してきました


f:id:hachimaki0619:20170816184208j:image

『後方に吹っ飛ぶように倒れるハチマキ』 っておもいっきり書いてあります

 

GBR>試合結果>【ライズ】あの小野寺力の秘蔵っ子、田中秀弥が65kg級タイトル目指して復活勝利

記事はコチラ。

 

自分では意外とわからないものなんですよね。緊張もしてるし、実際脳にダメージも受けてるからその時点で判断力がなくなってるのかも。

 

 

山中選手も本日の会見では「映像を見たら実際にバタついていた」と語ってますね。

 

 

この話は度々話させてもらったり過去のブログにも書いてますが

 

上記の試合と、その1つ前の試合で僕は計4回ダウンしたんですが、会長に

 

「何でそんなに効いちゃうかわかんないよ。俺なんて嫌倒れしかしたことないよ。」

 

と言われたときは衝撃的でした。(嫌倒れとは、ダメージの不可抗力で倒れるわけではなく、自分で諦めて倒れてしまうことです)

 

それを冗談とは言え、胸を張って言える会長は器がデカいなと思いました。

 


f:id:hachimaki0619:20170816235430j:image

こちらは今年の会長のブログから拝借しましたが肘を打ち抜かれて嫌倒れじゃなく完全に効いて倒れてますが…。

 

もしかしたらこのときの会長も(嫌倒れしちゃった…)と思っていたのかもしれません。

 

以上です!

 

終わり

 

 

 

【読書】末次由紀『ちはやふる (35)』を読んだ話

皆様お疲れ様です、ハチマキです。

 

今回は
f:id:hachimaki0619:20170815181307j:image

先日発売した末次由紀ちはやふる (35)』を読んで、の感想。

 

以下Amazon引用

 

 
“不尽の高嶺”を目指し、挑戦者たちが集う名人・クイーン戦予選。クイーン戦につながるたったひとつの道――1回戦を目前に、かつて感じたことのない不安が千早の頭をよぎる。「私は本当に、準備してきた――?」一方、太一は周防名人とともに過ごすことで、自身のかるたとの向き合い方を大きく変える。そんな太一は、予選会場で須藤に思わぬ“賭け”の提案をする。太一の真意をはかりかね、動揺する千早だったが……!?

 

ちはやふるは間違いなく、ちはやが主人公の漫画ではあるんですけど、僕の中では太一の物語なんです。

 

最近ハマったBLUE GIANTだったら僕にとっては雪祈の物語なんです。

 

ちはやとか、BLUE GIANTの主人公の大は、本当に主人公らしい主人公で、読んでるこっちまで元気になっちゃうようなキャラですが

 

僕は太一や雪祈のようなキャラに共感します。 何度泣かされたことか…。

 

しかし今回の太一!!!

 

太一なんでこんなんなっちゃったの!!???

 

太一こんな子じゃなかったじゃん…

 

もっと気にし過ぎるぐらい周りに気を使って、自分の弱さと真っ向から向き合う良い子だったじゃん…

 

周防名人と一緒に過ごすことが長く、意識して真似する部分もあったからってこんなに変わっちゃうの…?

 

今後納得いく展開になっていくのだろうか…?

 

俺の太一は帰ってくるのだろうか…?

 

そんな感じで読んでザワザワするような展開は好きではないんですが、やはり先が気になってしまいます。

 

あとは

 

「君たちは自分たちが主役の物語を生きてると思ってるだろう?ちがうよ

輝いている君たちでさえも だれかの物語の一部分だ」 

 

という原田先生の言葉が心に残りました。原田先生いつも良いこと言いますね…。

 

良く「自分の人生の主役は自分しかいない」と言いますが

 

それは逆に言えば自分がどんなに頑張っても他の人の人生の中では脇役に過ぎない。だからこそ他人と比較せず自分のやりたいように生きれば良いのではないか?

 

そんなことを思いました。

 

そんな感じで

 

次巻はよ…。

 

以上です!

 

終わり 

 

週刊がっさん(2017/8/13)

皆様お疲れ様です、ハチマキです。

 

お盆で昨日までPHOENIXは休みでしたが、パーソナルトレーニングは行っていました。

 

別の方のトレーニングをやってから、午後がっさんトレーニング。

 

前回のブログ

 

 

に書いたようにちょっと気持ちがゆるんできてるので気を引き締めていこうと叱咤したら

 

 

本気を出したようです。開始時から6kg弱減。

 

ただ最近はキックの技術向上に重きを置いていたんですが「自分でやってもあまり追い込めてないんじゃないか」と言っていたので、また筋トレも再開。

  

 

 

ついでに自分もトレーニング。

 

もちろんキックの練習もやります。

 


f:id:hachimaki0619:20170814171705j:image

お疲れがっさん頑張れがっさん。

 

今日からPHOENIXも営業再開してます!ハチマキのベーシッククラスは月曜日20時30分~21時30分

 

Trial | キックボクシング・ムエタイ・フィットネスジム PHOENIX【フェニックス】 

無料体験もできます。いつでもどうぞ。

 

以上ですっ!

 

終わり

 

ヴィーナスフォートに行って、そのあと初めてコミケに行った話

皆様お疲れ様です、ハチマキです。

 

というわけで昨日はブログにも書いたように


f:id:hachimaki0619:20170813182453j:image

お台場のヴィーナスフォートで行われたKalafinaのリリースイベントへ。

 

朝6時30分頃から並び、お知り合いとおしゃべりしたりスマホで昨日更新したブログ書いてたりして

f:id:hachimaki0619:20170813182532j:image
10時30分に整理券を貰えるCD販売開始…!イベント会場の教会広場。良い雰囲気。

 

自分が来たのは2年前の『One Light』の発売記念イベント以来でした。

 

整理番号は…可もなく不可もなくというところでしたでしょうか?まあ自分はそんなにタッパが低い方ではないのでオッケー牧場。

 

整理券貰ってからは軽食を食べたりしてイベントまで時間を潰しました。

 

整列して、入場して、待機して、公開リハーサル。そして始まるミニライブ。

 

一曲目は今回発売のシングルの表題曲『百火撩乱

 

百火撩乱はカッコいいんだがしかしこれは生バンドでやったらカッコ良さ30割増ししそう!しばらくKalafinaのバンドライブの予定がない!なんてこった!

 

しかし!

 

 

来年1月23日に豪華ミュージシャンが出演しまくる10周年ライブがあるらしい。行くっきゃない。

 

二曲目はカップリングの『とんぼ』、最後の三曲目は歴史秘話ヒストリアの前のエンディング『far on the water』、でした。

 

 

 

イベント後はお友達と近くの東京ビッグサイトでやっていた


f:id:hachimaki0619:20170813182710j:image

コミケへ。コミックマーケット。ミニライブの公開リハのときもHikaruさんが話題に出してましたね。人生初コミケ。ざわ…ざわ…。

 

もう終了に近づいた時間だったんですがそれでも人がモッサモサいました。

 

人混みの中を進み

 

f:id:hachimaki0619:20170813195012j:image
Kalafinaファン界隈では有名な方が出展されていたので、Kalafinaのイラスト集の新刊を買わせていただきました。

 

表情も動きもKalafinaファンなら唸らざるを得なくて素晴らし過ぎる…!また絵それぞれのそのときの思い出などがコメントとして書かれていてそこがまた愛に溢れていて泣けます。

 

とりあえず一度だけ目を通したんですが、また改めてゆっくり見ようと思います。

 

コミケも前から一度は足を運んでみたかったので雰囲気を味わえて良かったです。また一つ夢が叶ってしまった…。

 

ただピークの時間だったら自分には耐えられなさそう…5分間そこそこ混んでる電車に乗るだけでも精神崩壊しそうだし…。

 

 
f:id:hachimaki0619:20170813204910j:image

 

その後はお友達と二人で飲み屋へ。16時~19時の健全な飲み会でした。色々な話が百花繚乱でした(無理矢理) 

 

ちなみにKalafinaの曲名は“百火撩乱”、字が違うのでご注意を。今すぐ辞書登録しとこう。

 

そんな感じで。

 

以上ですっ!

 

終わり

費用対効果とか時間対効果とか考えてみた話

皆様お疲れ様です、ハチマキです。

 

昨日は

 


ブログにも書いたように海に行っていたんですが

 

昨日はKalafinaのニューシングル“百火撩乱”のリリースイベント・ミニライブがお台場のヴィーナスフォートであったんです。

 

そちらに行きたい気持ちもあったんです。

   

しかし、海に行くのに皆の予定が合うのがこの日しかなかったということもあり

 

またイベントのライブはフリー観覧可能ではあるんですが、優先エリアの整理券を貰うためにCDを買う必要があり、整理券はランダムではあるもののやはり早く買った方が若い番号が当たりやすいと。

 

必然的に皆朝早くから待機するわけです。始発に乗ったりして。

 

それで実際のイベントは14時からで、だいたい3曲やって終了。30分ぐらいで終わってしまう…儚い…。

 

確かに無料のイベントではあり、整理券もらうのにCD買うにしても1000円そこそこ。

 

でも“時は金なり”という言葉もあります、時間は2度と取り戻せません。

 

単純に最低賃金で働いても待機時間分働けば普通にワンマンライブ行けるぐらい稼げるわけですよね。

 

待機中スマホいじってても本読んでても良いわけですが、果たしてそこまで労力をかける価値はあるのか…?コスパ悪くない…?そんなことを考えながら

 

 

 
f:id:hachimaki0619:20170812073609j:image

 

今朝5時に起きてお台場ヴィーナスフォートに来ております。くそねみ。今回は2日連続、今日もリリースイベントがあるんです。

 

な~にがコスパじゃ。○時間働けば時給が最低賃金でも…ってアホか。

 

たった一度のリリースイベントそのものがプライスレスですよ。その日その時その空間でしか味わえないものがあるんです。

 

お金でも時間でも買えない価値がある。1つ教えといてやる、Kalafinaは算数じゃねぇ。

 

めちゃんこ眠いけど楽しみ~!

 


f:id:hachimaki0619:20170812080344j:image
 


 

以上ですっ!

 

終わり